35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第5回】コロナが、私にくれたもの

スポンサーリンク

それでは、今日も、同居している同居人さんとの暮らしについて、書いていきたいと思います。

これまでの記事をまだ読んでいない方は、下記も読んで頂けると嬉しいです。

35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第1回】同居開始
今日は、同居している同居人さんとの暮らしについて書きたいと思います。 そもそもの出会いは、高校生のときに、近所に住んでいたお兄ちゃんでした。 実は高...
35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第4回】私にはない価値観
それでは、今日も、同居している同居人さんとの暮らしについて、書いていきたいと思います。 これまでの記事をまだ読んでいない方は、下記も読んで頂けると嬉しいで...

友達のようでいて、彼氏ではない、不思議な同居生活を送っているので、ちょっとブログにも書いてみようと思いました。

 

同居人さんの基本データ

本人曰く、「軽いうつ病」

同居人さん曰く、「軽いうつ病」なんだそうです。

病院に初めて言ったときに、そう診断されて、それからは行ってないそうです。

大学病院で診察を受けたからかもしれませんが、ほんの数分での診察で、行く意味をあまり感じなかったそうです。

「クリニックとかの方がよかったかも」という話もしましたが、今のところは、行く気がないみたいです。

 

眠りの小五郎、改め、眠りの同居人さん

同居人さんは、良く寝ています。

起きたら、テレビを見たり、七原くんを見たりしています。

私が七原くんを見るきっかけになったのも、同居人さんの影響です。

七原くんについては、以下の記事でご紹介しています。

【閲覧注意】【七原くんに学ぶ】「工場への派遣」のリアルと、緊急事態宣言
さて、今日は「七原くん」を話題にした記事を書いてみたいと思います。 主にスイーツのレビューを書いているブログで、七原くんに関する記事を書くかどうか、とても...

 

貯金は5000万

同居人さんは、5000万貯金があって、そのうち2000万は株で増やしたんだそうです。

それから、同居人さんは、お金をあまり使いません。

食費・光熱費・ネットのみが支出らしいです。

確かに、どこにも出かけないし、着飾ることもないです。

(昔はカッコよかったので、とっても勿体無いと思ってしまいます。)

 

コロナが、私にくれたもの

コロナによる影響で、家賃が払えなくなり、家を失った私ですが、それでもなんとか、今の状況を前向きにとらえるために、「コロナが、私にくれたもの」をまとめてみました。

同居人さんという存在

第1回を読んでくださった方ならご存知だと思いますが、当時は、家族も助けてくれない状況だったので、「家族すら頼れない」状況に、とても絶望していました。

家族のサポートを受けられる人や、家族で助け合っている人たちが羨ましすぎて、くじけそうになることも多かったです。

そんな中、今の同居人さんだけが助けてくれたわけですが、このことで、世の中には「優しい人はいる」ということを実感できました。

 

このことを通して、私が言いたいことは、世の中には、ひどいことをする人や冷たい人も少なからずいますが、それでも信じられないくらい素敵な人も、本当にいるということです。

もし、人に傷つけられたり、裏切られたりして、人との付き合いを避けたくなっている人がいたら、今は、少し距離を置いて当然ですし、一人の時間を多く持つことも大事だと思いますが、それでも、全ての人がそんな人ばかりだという認識を持つのは間違いだと伝えたいです。

気持ちにゆとりが出てきたらで大丈夫なので、また人との出会い人との関わりを求めてみてほしいと思います。

 

ブログを書く時間

このブログを書きはじめたのは、去年の8月ごろです。

甘いものが大好きな私は、ブログで「スイーツ紹介」をはじめました。

スイーツ紹介の記事なので、時間もそれほどかかるわけではないですが、それでも、仕事が忙しくなると、なかなか更新できずに、去年の冬は、ほぼ更新していなかったのが、事実です。

そんな冬が過ぎようとしているときに、コロナによる仕事のキャンセルや業務委託の終了が続いてしまい、仕事場兼職場の家賃さえ払えない状況に追い込まれました。

その後、同居人さんの同居生活を始めたことで、お金の面でも、精神的な面でも、少しずつ回復してきましたが、仕事の依頼は、正直少ないです。

「お金もあまりない・仕事もない、なのに時間はある」という状況で、「ブログ」をまた書いてみようという意識が生まれました。

今は、元々書く予定もなかった、元医療開発モニター(CRA)に関する記事も少しずつ記載しています。

これからも、少しでも誰かの役に立つことを目指して、リアルな現実を記載した記事を書いていきたいと思います。

 

平穏な日々の有り難さ

コロナによって日々の生活が、自粛要請などで色々と不自由になっていくにつれて、「これまでの平穏な日々」がどれだけ幸せで、どれほど「有り難い」ことだったのかを痛感しました。

過去のトイレットペーパーの買い占めについては、社会の時間に学習しましたが、それが、まさか2020年にも起こって、自分が巻き込まれるなんて、夢にも思いませんでした。

それでもまだ、「日本」という国で、生きていることは、他の国よりも被害者が少ないという点で、幸せなことなのかもしれません。

コロナによる被害を少しでも拡大しないために、私自身も自粛要請に従い、自粛生活中にできることをやりたいと思っています。

そして、平穏な日々が戻ってきたら、有り難さを噛みしめながら、1日1日を大切に過ごしていきたいと考えています。

 

この状況でも働く方々への感謝の気持ち

外出自粛中の今、「通販」を利用することも増えました。

郵便局員さんをはじめ、ヤマトや他の会社の宅配員さんのおかげで、あまり不自由することなく、食べ物たっだり、生活必需品を買うことができています。

それから、病院では、コロナにかかった患者さんを救うべく、医師や看護師さんが働き続けて下さっています。

元臨床開発モニター(CRA)時代にお世話になった方々も多いので、全ての方に感謝をささげると同時に、全ての方の無事を祈っています。

 

最後に

以上が、「コロナが、私にくれたもの」でした。

正直、タイトルが不謹慎かもと悩みましたが、「今の状況を前向きにとらえるためのもの」であると解釈して頂けると嬉しいです。

 

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第1回】同居開始
今日は、同居している同居人さんとの暮らしについて書きたいと思います。 そもそもの出会いは、高校生のときに、近所に住んでいたお兄ちゃんでした。 実は高...
35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第2回】うつの原因と生活保護のリアル
昨日に引き続いて、今日も、同居している同居人さんとの暮らしについて書いていきたいと思います。 ちなみに第1回の記事をまだ読んでいない方は、下記も読んで頂け...
35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第3回】お金の増やしかた
昨日に引き続いて、今日も、同居している同居人さんとの暮らしについて書いていきたいと思います。 第1回・第2回の記事をまだ読んでいない方は、下記も読んで頂け...
35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第4回】私にはない価値観
それでは、今日も、同居している同居人さんとの暮らしについて、書いていきたいと思います。 これまでの記事をまだ読んでいない方は、下記も読んで頂けると嬉しいで...
タイトルとURLをコピーしました