35歳で5000万貯めて、超早期リタイアした同居人さん:【第1回】同居開始

スポンサーリンク

今日は、同居している同居人さんとの暮らしについて書きたいと思います。

そもそもの出会いは、高校生のときに、近所に住んでいたお兄ちゃんでした。

実は高校生のときに1回だけ家出をしたことがあり、その時に泊めてもらったのも、今の同居人さんです。

友達のようでいて、彼氏ではない、不思議な同居生活を送っているので、ちょっとブログにも書いてみようと思いました。

 

同居人さんの基本データ

本人曰く、「軽いうつ病」

同居人さん曰く、「軽いうつ病」なんだそうです。

病院に初めて言ったときに、そう診断されて、それからは行ってないそうです。

大学病院で診察を受けたからかもしれませんが、ほんの数分での診察で、行く意味をあまり感じなかったそうです。

「クリニックとかの方がよかったかも」という話もしましたが、今のところは、行く気がないみたいです。

 

眠りの小五郎、改め、眠りの同居人さん

同居人さんは、良く寝ています。

起きたら、テレビを見たり、七原くんを見たりしています。

私が七原くんを見るきっかけになったのも、同居人さんの影響です。

七原くんについては、以下の記事でご紹介しています。

【閲覧注意】【七原くんに学ぶ】「工場への派遣」のリアルと、緊急事態宣言
さて、今日は「七原くん」を話題にした記事を書いてみたいと思います。 主にスイーツのレビューを書いているブログで、七原くんに関する記事を書くかどうか、とても...

 

貯金は5000万

同居人さんは、5000万貯金があって、そのうち2000万は株で増やしたんだそうです。

それから、同居人さんは、お金をあまり使いません。

食費・光熱費・ネットのみが支出らしいです。

確かに、どこにも出かけないし、着飾ることもないです。

(昔はカッコよかったので、とっても勿体無いと思ってしまいます。)

 

同居人さんとの同居開始

家賃が払えないかも…

大丈夫…?

うちに、住んでもいいよ。

コロナによる影響で、私が今後の家賃を支払えそうになくなって相談したのが、3月はじめでした。

もう数年以上連絡をとっていなかったのですが、その時に、早期リタイア生活をしていると教えてくれて、家に住んでいいよと言ってくれました。

 

久しぶりに会った姿は、結構、衝撃でした。

30代半ばとは思えないぐらい、老けていました。

(身だしなみにほぼ気を使ってないせいですが、ポテンシャルが高いだけに勿体ないと心の中で思ってしまいました。)

 

「同居人さんの生活の邪魔をしない」、それが唯一のルールです。

同居を開始して、1ヵ月ちょっと過ぎて、少しずつ慣れてきた気がしています。

 

他人と同居する上で大切なことは、「嫌がることは言わない」ことかなと思います。

(同居人さんといっても、大家さんに近いので、文句など言える立場じゃないですが…)

 

家族よりも、他の誰よりも、私を助けてくれた、ただ一人の人なので、同居人さんには、感謝しかありません。

 

ちなみに:家族と友だちの反応は?

今の同居人さんに相談する前に、家族友だちにも連絡してました。

父の反応

(私):もしもし、…

(父):うち、お金ないよ。お金は頼らんでね。

(私):(まだ何も言ってないけど…)コロナ大丈夫?

(父):おう、大丈夫。お前も気を付けろよ。じゃあな。

 

私の家庭は、「子供は自立してしかるべき」という家庭なので、お金を頼ることや、実家に戻ることは決して容易くありません。

 

友だちの反応

(私):もしもし、実はね…

(友):そっか、でもりんなら大丈夫でしょ!

(私):う、うん

 

励ましもあったのかもしれませんが、「大丈夫でしょ」と言われると、「うん、大丈夫」としか言えませんでした。

相談にのってくれただけでも、感謝ですよね。

 

以上が、おまけでした。

 

ブログを再開する気持ちの余裕や、金銭的な余裕ができたのも、同居人さんのおかげです。

同居人さんとの生活は、同居人さんにばれないように、シリーズ化して書いていきたいと思ってます。

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました