【六花亭ファン】ホワイトチョコレートをレビューしました。【北海道土産】

スポンサーリンク

今日は、六花亭のホワイトチョコレートをレビューしていきたいと思います。

実は、六花亭は、「ホワイトチョコレートを日本で最初に発売した会社」としても有名です。

ホワイトチョコレート好き、かつ、六花亭ファンの私としては、絶対外せない商品です。

それでは、早速レビューしていきます。

 

六花亭:ホワイトチョコレートの商品紹介

六花亭の原点・白いチョコレート。

1968年、日本で最初に発売したホワイトチョコレート。湿度が低く、水と空気がきれいな北海道・帯広はこのチョコレートづくりに最高の環境。独自の製法を駆使し、良質なココアバターと北海道のミルクをたっぷり使ってなめらかな口溶けに仕上げました。

以上、公式HPより

 

六花亭:ホワイトチョコレートの原材料・値段・カロリー情報

原材料・値段は、以下にまとめています。

名称 チョコレート
原材料名 乳製品(生乳、砂糖)、ココアバター/植物レシチン(大豆由来)、香料
価格 1枚 90円(税込)
製造者 六花亭製菓株式会社

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

1枚(19g)あたり
カロリー 114kcal
たんぱく質 1.3g
脂質 7.8g
炭水化物 9.4g
食塩相当量 0.04g

 

六花亭:ホワイトチョコレートをレビュー

こちらのホワイトチョコレートは、1枚からも購入可能です。

なので、もちろん、個包装のパッケージにも原材料やカロリーがきちんと記載されています。

 

袋から出してみます。

真っ白な、少しクリーム色がかった、ホワイトチョコレートがあらわれました。

写真だと分かりにくいと思いますが、中央部分には「ROKKATEI」と文字が彫られています。

(袋から出している写真の方がまだ少し見えますが、ほぼ分かりませんね。汗)

 

大きさは、約5cmといったところでしょうか。

 

半分に切ってみます。

 

それでは、一口頂きます。

うんうんと頷いてしまいますが、とってもおいしいーです。

 

とにかく、ココアバターミルクがとーっても濃厚です。

一口かじって、口の中でゆっくりと味わえば、ココアバターミルクを存分に堪能でき、その口どけも、これまた、とーってもなめらかなんです。

うんうん、やっぱり最高です。

 

原材料が、とにかくシンプルで、「乳製品(生乳、砂糖)、ココアバター/植物レシチン(大豆由来)、香料」のみというのもいいですよね。

 

今回の「ホワイトチョコレート」には、、”ストロベリーチョコホワイト”には入っていた、「ヨーグルト粉末」「レモン果汁粉末」が入っていないので、ホワイトチョコレートの甘さミルク感がより際立つチョコレートになっていると思います。

ホワイトチョコレート好きな私としては、これはこれで大好きです!

 

ごちそうさまでした。

今回もおいしかったです。

ちょうどいい食べきりサイズの1枚なので、おやつにピッタリでした。

食べ終わった瞬間から、「また食べたい」と思ってしまう、チョコレートでした♡

 

六花亭:ホワイトチョコレートの購入方法

最後に、今回ご紹介した商品ですが、公式のオンラインショップから購入可能です。

〈公式〉六花亭オンラインショップ
自宅に居ながらお取り寄せ。マルセイバターケーキなど、新商品も取り揃えております。

そして、北海道へ旅行の際には、お土産候補として是非チェックしてみてくださいね。

 

他にも、Amazonや楽天等からも購入できます。

最後に

今回は、「ホワイトチョコレート」のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?

もし、六花亭のホワイトチョコレートをまだ食べたことがない方がいらっしゃいましたら、ミルクがとーっても濃厚ですので、一度お試ししてみてくださいね。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【六花亭ファン】ストロベリーチョコホワイトをレビュー・類似品との違いは!?【北海道土産】
今日は、六花亭のストロベリーチョコホワイトをレビューしていきたいと思います。 こちらのストロベリーチョコホワイトに似た商品って、コンビニなどでも、よく見か...

タイトルとURLをコピーしました