【かぼちゃ畑】社会福祉作業所の「はちみつ生姜クッキー」をレビューしました。

スポンサーリンク

今日は、かぼちゃ畑の「はちみつ生姜クッキー」をレビューしていきたいと思います。

こちら、お友達からおすそ分けで頂いたのですが、とっても信頼できるお友達が「おいしい!」と絶賛していたので、とても楽しみです。

 

それでは、早速レビューしていきます。

 

特定非営利活動法人 かぼちゃ畑とは?

こちらのクッキーを製作されている、「特定非営利活動法人 かぼちゃ畑」について、調べてみました。

活動目的

障がいを持った子供たちが、将来、社会参加するための自立訓練の場として開設。現在は、最終目標である「メンバー達が収入を得て自活する」ことを目指しています。

活動内容

クッキー作り・販売、配食サービス(高齢者、障がい者向け)、パン作り、クラフト、片山体育館交流会、戸外活動、調理実習

以上、ラコルタより

 

  • 平成11年4月ー障がい者共同作業所「遊ゆうかぼちゃのお家」を設立。
  • 平成21年3月ーNPO法人格を取得。
  • 平成21年10月ー就労継続支援B型事業所に移行。

 

はちみつ生姜クッキーの原材料・値段・カロリー情報

原材料・値段は、以下にまとめています。

名称 菓子
原材料名 小麦粉(国内製造)、マーガリン、砂糖、はちみつ、卵、生姜(一部に卵・乳成分を含む)
価格 200円(税込)※注1
製造者 特定非営利活動法人かぼちゃ畑

注1:お値段に関しては、頂きもののため、おそらく200円とのことでした。

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

1袋(45g)あたり
カロリー 222kcal
たんぱく質 2.8g
脂質 9.2g
炭水化物 32.0g
食塩相当量 0.24g

 

はちみつ生姜クッキーをレビュー

まず、パッケージのあまりにかわいさに、癒されちゃいました。笑

一袋45g入りなので、サイズも手のひらぐらいのかわいいサイズですが、個人的には、これくらいの食べきりサイズのほうが嬉しいです。

 

「かぼちゃ畑」という名前にちなんだ、イラストもとってもかわいいです♡

 

中身を半分ほど、お皿に出してみます。

袋をあけると、生姜の爽やかな・ジンジャーの香りが広がります。

 

それにしても、クッキーの小ぶりなサイズ感のせいか、見た目もかわいいです!

 

それでは、早速頂きます。

え、めちゃくちゃおいしいーです!!

おいしいとは聞いていましたが、これびっくりしちゃいます。

 

写真から伝わるかどうか分かりませんが、クッキー自体がどちらかといえば薄くて小ぶりなのですが、香ばしく焼き上げられているので、とってもサクサクしています。

このサクサク感、ここ最近のクッキーの中でもダントツです。

そして、はちみつの優しい甘さと、生姜の風味絶妙にマッチしています!

 

半分ぐらい食べ進めると、身体が少しぽかぽかしてきて、生姜がたっぷり入っていることを実感してきます。

こちらのクッキーは、手作りで丁寧に作られていることが、本当に食べていて分かるので、手作りクッキーのおいしさに感動して、こちらを作って下さったかぼちゃ畑のメンバーの方に、すごーく感謝したくなりました。

 

私自身、生姜生姜を使ったお菓子が特に好きなわけでもないのですが、この「はちみつ生姜クッキー」でしたら、何袋でも食べたくなるおいしさなんです。

 

ごちそうさまでした。

めちゃくちゃおいしかったです。

食べだしたら止まらなくなる、とっても危険なお菓子でした。笑

やっぱり食べきりサイズで、私にはよかったです!

きっと止まらなくなっていました。笑

 

はちみつ生姜クッキーの購入方法

今回ご紹介した商品ですが、通販などはやっていないようですが、作業所の近くでは、路上販売などもやっているそうです。

 

最後に

今回は、かぼちゃ畑の「はちみつ生姜クッキー」のご紹介でしたが、どうやら他の味もあるみたいなので、食べる機会があれば、またレビューしたいと思います。

洋菓子店に負けないぐらいのめちゃくちゃおいしい・手作りクッキーを味わえたので、とっても幸せな気分になりました。

 

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました