【ジェネリック萩の月!?】セブン「ふわころ」VSあわしま堂「カスタードまんじゅう」を、食べ比べてレビューしました。

スポンサーリンク

 

さて、今日はセブンで見つけたジェネリック「萩の月」の食べ比べをしていきたいと思います。

萩の月」と言えば、「カスタードクリームをふわふわのカステラ生地で包んだお菓子」で、仙台銘菓として、とっても有名ですよね。

その「萩の月」に、とってもよく似たお菓子をセブンで2つも見つけちゃいました!

どちらも一見「萩の月」によく似ていますが、一体どちらのほうがおいしいのか、すごーく気になってしまったので、今回レビューしていきます。

 

セブン:ふわころの商品紹介

セブン「ふわころ」

卵を泡立てたふんわりとした生地で、口どけの良いなめらかなカスタードクリームを包みました。こだわりの『二度蒸し製法』により、外生地はふわっと、クリームはとろける食感に仕上げました。コロッとした丸い形の蒸しケーキで、おやつにピッタリ!

以上、公式HPより

生地の部分は、どうやら「カステラ」ではなく「蒸しケーキ」のようです。

 

セブン:ふわころの原材料・値段・カロリー情報

原材料・値段は、以下にまとめています。

名称 菓子
原材料名 カスタードフラワーペースト(還元水飴、糖類(砂糖、異性化液糖)、植物油脂、砂糖、卵黄、その他)(国内製造)、鶏卵、砂糖、小麦粉、植物油脂、還元水飴、異性化液糖、デキストリン/加工澱粉、グリシン、調味料(有機酸等)、乳化剤、膨張剤、保存料(ソルビン酸K)、増粘多糖類、pH調整剤、香料、メタリン酸Na、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆・ゼラチンを含む)
価格 116円(税込)
製造者 市岡製菓株式会社

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

1個あたり
カロリー 113kcal
たんぱく質 2.8g
脂質 3.8g
炭水化物 17.0g
 ー糖質 16.8g
 ー食物繊維 0.2g
食塩相当量 0.12g

 

セブン:ふわころをレビュー

まずは、セブンの「ふわころ」から食べていきます。

生地の色は、あわしま堂の「カスタードまんじゅう」と変わりません。

大きさは、セブンの「ふわころ」の方がかわいらしい大きさで、あわしま堂の「カスタードまんじゅう」の方が、一回りほど大きいです。

 

半分に切ってみます。

 

それでは、さっそく頂きます。

うん、おいしいです。

「萩の月」を思わせる、ふんわりした生地と、口どけのよいカスタードクリームは、最高の組み合わせです。

商品紹介にあるように、生地は、確かにカステラというよりは、蒸しケーキですね。

蒸しケーキのやさしい味わいが堪能できます。

 

中のカスタードクリームは、甘くて・カスタード感もちゃんとあるのですが、甘すぎることなく、上品な味わいで、まわりの生地のやさしい甘さともマッチしていました。

商品パッケージには、「とろけるカスタード」とあるのですが、少し固めのしっかりしたカスタードに思えました。

 

あわしま堂:カスタードまんじゅうの商品紹介

あわしま堂「カスタードまんじゅう」

ふんわりとした食感の生地で、カスタード風味のなめらかで口どけの良いクリームを包みました。

以上、公式HPより

 

あわしま堂:カスタードまんじゅうの原材料・値段・カロリー情報

原材料・値段は、以下にまとめています。

名称 生菓子
原材料名 フラワーペースト、卵、小麦粉、砂糖、植物油脂、水あめ、でん粉、油脂加工品(果糖ぶどう糖液糖、植物油脂)/ソルビット、トレハロース、加工でん粉、グリシン、乳化剤、膨張剤、セルロース、増粘多糖類、香料、pH調整剤、着色料(紅麹、カロチン)、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)
価格 130円(税込)
製造者 株式会社 あわしま堂

お値段はそれほど変わりませんが、セブンより20円ほどお高めです。

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

1個あたり
カロリー 203kcal
たんぱく質 2.6g
脂質 11.8g
炭水化物 21.1g
食塩相当量 0.2g

カロリーは、セブンの「ふわころ」の約2倍です。こんなに違うことに少し驚きました。

 

あわしま堂:カスタードまんじゅうのレビュー

さて、続いては、あわしま堂の「カスタードまんじゅう」を食べていきます。

 

中身を取り出していきます。

半分に切ってみます。

生地の色は、さきほどの「ふわころ」のところで記載しているとおり、「ふわころ」とあまり変わりません。

ただ、中のカスタードの色が、かなり黄色です!

なんだか見た目からカスタードが濃厚そうです。

 

それでは、頂きます。

お、おいしーいです。

外の生地は、「まんじゅう」というだけあって、薄皮がついていて「まんじゅう」なのですが、とってもふわふわで、「ふわころ」の生地とも似ています。

 

ただ、中の「カスタードクリーム」がまるで違いました

カスタード感を強く感じるせいか、こちらの「カスタードまんじゅう」の方が、濃厚だと思いました。

そして、カスタードクリームがたっぷりと入っているせいでしょうか、口どけがとってもクリーミーで、なめらかです。

 

全体的な大きさと、さらに、中のカスタードクリームもたっぷり入っていることもあって、かなりの満足感が得られました

 

【ちょっとブレイク】食べ比べ中の小話

食べ比べ中の小話ですが、実はセブンの「ふわころ」を半分ほど食べ終えたところで、あわしま堂の「カスタードまんじゅう」を食べました。

 

初めに「ふわころ」を食べていたときも、おいしいカスタードクリームだなあと思いながら食べていたのですが、次に食べた「カスタードまんじゅう」の方が、カスタードのインパクトが大きくて、「ふわころ」の良さが伝わりにくいレビューになっているような気もします。

 

ふわころ」も単体で食べたときは、しっかり甘みや、たまご感も感じる「おいしいカスタードクリーム」が入っているので、ぜひ食べてみてくださいね。

きっと、「ふわころ」のカスタードクリームの方が好みという方もいらっしゃるように思います!

 

総合評価

最後に総合評価です。

 

私の独断と偏見にはなりますが、生地のおいしさカスタードクリームの濃厚さを星で評価すると、

生地のおいしさ

ふわころ
3.5
カスタードまんじゅう
3.3

カスタードクリームの濃厚さ

ふわころ
3.5
カスタードまんじゅう
4.5

となりました。

 

ふわころ」の評価が、カスタードクリームの方で、相対的に低くなってしまいました。

単純に私の好みも入っていると思うので、ぜひみなさんも食べ比べてみてくださいね。

 

ふわころ」は個人的には、小ぶりで上品な仕上がりになっているので、ちょっと小腹がすいたときや、(カロリーが低いので)ダイエット中の方におすすめです。

カスタードまんじゅう」は、がっつり甘いものがほしいときにおすすめで、その欲を十分満たしてくれると思います。

 

それでは、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました