【チロルチョコ】「さつまいもアソート」をレビューしました。

スポンサーリンク

今日は、ローソンで見つけた、チロルチョコ「さつまいもアソート」をレビューしていきます。

チロルチョコ自体、久しぶりに食べることもあって、かなり楽しみです。しかも、この「さつまいもアソート」ですが、2種類のさつまいもが味わえるようになっているので、とってもお得な気がします。笑

 

それでは、早速レビューしていきたいと思います。

 

チロルチョコ「さつまいもアソート」の商品紹介

チロルチョコ「さつまいもアソート」新発売!ほくほく感の〈焼き芋〉&カリっと感の〈芋けんぴ〉の2種♪

チロルチョコは、9月2日(月)より、秋に旬を迎える『さつまいも』を使った「さつまいもアソート」を全国で新発売します。参考価格は100円(税抜)です。

芋あんを芋風味チョコで包み焼き芋のようなほくほく感に仕上げた〈焼き芋〉、ザラメ・粉砕ビスケット・芋風味カラメルチップを芋風味チョコに詰め込みカリっと感を再現した〈芋けんぴ〉の2種アソート。

種子島産安納芋を使った“ほくっと感”と、九州産黄金千貫を使った“かりっと感”をご堪能ください♪

以上、ニュースリリースより

 

チロルチョコ「さつまいもアソート」の原材料・値段・カロリー情報

原材料・値段は、以下にまとめています。

種類別名称 準チョコレート
原材料名 【芋けんぴ:砂糖、植物油脂、ビスケット(小麦・乳成分を含む)、乳糖、全紛乳、ココアバター、さつまいもキャラメリゼ(砂糖、水飴、食塩、さつまいも)、さつまいもパウダー/トレハロース、香料、膨張剤、乳化剤(大豆由来)、着色料(カロチノイド、カラメル)、甘味料(ステビア)】【焼き芋:植物油脂、さつまいもあん(砂糖、還元水飴、白生あん、さつまいも)、砂糖、乳糖、全紛乳、ココアバター、さつまいもソース(水飴、果糖、還元水飴、さつまいも)、乾燥パン粉(小麦を含む)、さつまいもパウダー/セルロース、甘味料(トレハロース)、カロチノイド色素、乳化剤(大豆由来)、香料、増粘剤(ペクチン)】
価格 108円(税込)

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

芋けんぴ/1個当たり 焼き芋/1個当たり
カロリー 33kcal 35kcal
たんぱく質 0.2g 0.2g
脂質 1.9g 2.1g
炭水化物 3.8g 4.2g
食塩相当量 0.013g 0.007g

 

チロルチョコ「さつまいもアソート」をレビュー

袋を開けた瞬間、さつまいもの香りが広がります

全部で7個入りで、芋けんぴが4個焼き芋が3個入っていました。

 

 

パッケージ裏には、それぞれの商品が、下記のように紹介されていました。

 

それでは、芋けんぴ味からいただきます。

(ザクザクしているので、一部欠けています。汗)

おいしいーです。

ザラメ粉砕ビスケット・芋風味カラメルチップが、かなりいい食感になっていて、噛みごたえがあります。芋けんぴをとてもうまく再現しているように思います。

中でもカラメルチップが食感だけでなく、味の面でも、とてもいいアクセントになっていました。

芋風味のチョコが濃厚でおいしいうえに、ザクザク・ジャリジャリした食感もあって、かなり気に入りました!

 

続いて、焼き芋味をいただきます。

おいしいーーです。

「チロルチョコって、こんなにおいしかったっけ?」って思うくらい、おいしいです。笑

こちらもチョコは芋風味の味がしっかりして、その上、中の芋あんが、まるでスイートポテトというか、芋ようかんみたいに味が濃厚です。めちゃめちゃ甘いのですが、甘党の私は、この甘さに癒されます。

たぶん、芋あんの風味が、私の好みだからだと思うのですが、はまってしまいそうです。

チョコも芋・中も芋(あん)で、芋芋づくしのチロルチョコでした。

 

最後に

どちらも芋芋づくしで、本当においしかったです。

個人的には、どちらかというと焼き芋派ですが、たぶん芋けんぴ味だけを食べていたとしたら、芋けんぴにもはまってしまったと思います。笑

 

みなさんも、芋けんぴ焼き芋、どちらが好みかどうか、ぜひお試しされてみてくださいね。

 

今回、久しぶりにチロルチョコを食べたのですが、こちらがおいしかったので、たまに出ているチロルチョコの期間限定商品をこれからも買ってみたくなりました。

それでは、今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました