【いなば】チキンとタイカレー(グリーン)をレビューしました。

スポンサーリンク

今日は、すごくお手軽にグリーンカレーを味わえる、おすすめの缶詰カレーをご紹介します。

昨日に引き続き、辛いものの商品紹介になりますが、今回の「チキンとタイカレー(グリーン)」は、決して激辛レベルではないので、ご安心ください。笑

缶詰カレーなので、お値段もお手頃で、保存もきくというのが、個人的な高ポイントです。

それでは、早速レビューしていきます。

 

チキンとタイカレー(グリーン)の商品紹介

チキンとタイカレー(グリーン)

角切りチキンに、さわやかな辛さのタイグリーンカレーを合わせました。本場タイで作った本格風味。

以上、公式HPより

 

チキンとタイカレー(グリーン)の原材料・値段・カロリー情報

原材料は、以下にまとめています。

品名 鶏肉入りグリーンカレー
原材料名 鶏肉、ココナッツミルク、カレーペースト(唐辛子、にんにく、レモングラス、ガランガル、食塩、シャロット、ターメリック、こぶみかんの皮)、大豆油、砂糖、スパイス・ハーブ類(唐辛子、バジル、こぶみかんの葉)、食塩/増粘多糖類、クエン酸、(一部に鶏肉・大豆を含む)
内容量 125g
輸入者 いなば食品株式会社

値段は購入場所によって異なるのですが、130円前後で購入できます。

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

100g当り
カロリー 167kcal
たんぱく質 9.1g
脂質 12.2g
炭水化物 5.2g
食塩相当量 1.4g

 

チキンとタイカレー(グリーン)をレビュー

作り方は、とっても簡単で、あつあつご飯にかけるだけです。

お皿に盛りつけると、こんな感じになります。

スープは、サラサラの液状スープで、角切りチキンがごろごろと入っています。

 

それでは、頂きます。

おいしいーです。

このお値段で、しっかりとグリーンカレーを堪能できます。また、ちゃんとココナッツの風味も感じられます

辛さも、しっかりと辛くて、喉にくる辛さです。その辛さも、ココナッツのまろやかさ・甘さとあわさって、いい感じに仕上がっています。辛さに強い私からすると、“ほどよい辛さ”という表現になってしまうのですが、辛さが苦手な方は、もしかしたら、無理かもしれません

 

は、やはりメインは角切りのチキンですね。写真のとおり、ごろごろと入っているので、女性の方だと、このボリュームで満足かもしれません。

個人的には、もう少しスープの量がほしいところですが、お値段がお手頃なので、納得しています。笑

 

とってもコスパが良くて、しっかりとグリーンカレーが味わえる商品なので、個人的にはおすすめです。130円前後で購入できるので、一度、ご自分の好みにあうかどうかをお試しされてはいかがでしょうか?

賞味期限も3年と長いので、保存食としてもいいですよ。

 

【おまけ】グリーンカレー・レッドカレー・イエローカレー

最後に、今回ご紹介した「チキンとタイカレー(グリーン)」ですが、(グリーン)以外に(レッド)(イエロー)といった商品があります。

個人的に、グリーンカレーが好きなので、(グリーン)をご紹介しましたが、レッドカレーイエローカレーの方が好みの方は、そちらをぜひお試しされてみてください。

 

ちなみにグリーンカレー・レッドカレー・イエローカレーの違いは、下記のとおりです。

グリーンカレーの正体

世界一の辛さと称される青唐辛子、プリッキーヌをたっぷりと使ったのがグリーンカレー。主に使われているのは、バイマックルーと呼ばれるコブミカンの葉、ガランガルと呼ばれるタイの生姜、エシャロット、レモングラス、プリッキーヌ、カビと呼ばれるシュリンペーストなど。味の決め手はナンプラーで、ココナッツミルクを入れることで、刺激的な辛さにまろやかさを加えている。

 

レッドカレーの正体

レッドカレーの赤さは、甘口唐辛子のペーストによるもの。グリーンカレーに比べるとかなり甘口で、食べやすい。使われている香辛料やハーブは、プリッキーヌを除いたグリーンカレーの材料とほぼ同じだ。

 

イエローカレーの正体

イエローカレーは、上の2種よりもさらにコクがあり、まろやかな味わいが特徴だ。その理由は、ココナッツミルクに加えてココナッツクリームが入っているから。黄色の正体は、ターメリックによるものだ。コブミカンの葉やナンプラーは他の2種と同じだが、その他のハーブは少々異なる。クミンやライムジュースなどが入っているのが一般的だ。

 

以上、オリーブオイルをひとまわしより抜粋

 

ちなみに、辛さの順番は、グリーンカレー>レッドカレー>イエローカレーの順番で辛いと、一般的にはいわれています。

 

それでは、今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました