【ハーゲンダッツ】新作の紫イモのタルトレットをレビューしました。

スポンサーリンク

さて、本日もハーゲンダッツの秋の新作紫イモのタルトレット」を食べていきたいと思います。

「秋といえば」の代名詞の、かぼちゃさつまいものスイーツが出てきて、私の中では既に秋が始まった気がしています

 

秋といえば、「食欲の秋」でもあるので、私にとって危険な季節がやってきてしまいました。笑

 

紫イモのタルトレットの商品紹介

ハーゲンダッツの公式HPにいくと、リッチパンプキンと同様に、紫イモのタルトレットについても特設サイトができていました。

クリスピーサンド『紫イモのタルトレット』

紫イモソース入りのカスタードアイスクリームを、色鮮やかな紫イモコーティングで包み込み、さらに、サクサクとした紫イモウエハースでサンドして、紫イモのタルトの味わいを表現しました。秋を感じる紫イモのほっこりとした味わいと鮮やかな色合いを、”ぜいたく感のある濃厚な味わいのかじりつけるスイーツ”であるクリスピーサンドで楽しめます。

 

開発者のこだわり

秋の人気素材「紫イモ」を使用し、ほっこりとした秋の味わいが堪能できる、色あざやかな紫色のクリスピーサンドを作りました。クリスピーサンド初の紫イモウエハースは、あざやかな味わいを楽しめ、カスタードクリームの濃厚でコクのある味わいは、紫イモと相性が良く、全体をまとめ上げてくれます。秋を感じるクリスピーサンドを、ぜひお楽しみください。

以上、公式HPより

 

今回の商品名は、「紫イモのタルトレット」です。

タルトレットとは、一口サイズで可愛らしい、フランス生まれの小さなタルト菓子のことだそうです。

こちらも、公式HPより

紫イモのタルトをイメージして、ハーゲンダッツのクリスピーサンドにしたんですね。

 

そもそもハーゲンダッツのクリスピーサンドって、大好きなシリーズなので、食べる前からわくわくします

 

紫イモのタルトレットの原材料・値段・カロリー情報

原材料・値段は、以下にまとめています。

商品名 ハーゲンダッツ クリスピーサンド
紫イモのタルトレット
(期間限定)
種類別 アイスクリーム
成分 無脂乳固形分:8.0%
乳脂肪分:12.0%
卵脂肪分:2.0%
原材料名 ホワイトチョコレートコーチング、クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、紫イモウエハース、卵黄、紫イモソース、ミルクコーチング(植物油脂、砂糖、全粉乳、乳糖)、紫イモパウダー/植物レシチン、安定剤(ペクチン)、(一部に乳成分・卵・小麦・大豆を含む)
価格 295円(税抜)
発売日 2019年8月20日(火)

 

カロリー情報は、以下にまとめています。

内容量 60ml
カロリー 247kcal
たんぱく質 2.7g
脂質 17.2g
炭水化物 20.2g
食塩相当量 0.1g

 

紫イモのタルトレットを実食

薄い紫イモで、とってもきれいです。

 

商品詳細に、「クリスピーサンド初の紫イモウエハース」とあったので、まずは紫イモウエハースだけを食べています。

おお、自然な紫イモの味がします。

 

さて、それでは早速、一口頂きます。

おいしいーです。

カスタードアイスクリームの割には、結構ホワイトチョコ感を強く感じて、まわりのチョコレート部分の主張が強いのかなと思いました。

最初の一口目は、チョコレート部分に当たる割合が多くなっちゃいますからね。

 

紫イモのソースは、入っている個所と入っていない箇所の差が激しい?写真のような感じで、紫イモソースの濃い部分にあたると紫イモ風味が強いですが、全体的にはホワイトチョコレートの風味を強く感じるように思いました。

ここでなんとなく、原材料を確認してみたら、確かに一番最初に「ホワイトチョコレート」の文字が並んでいて、一人で妙に納得してしまいました

 

私は、ホワイトチョコレート好きなので、全く問題ないのですが、どちらかというと紫イモの風味がもう少し強く感じられてもよかったのかなあと思ってしました。

 

ハーゲンダッツの「クリスピーサンド」の魅力は、なんといっても周りのウエハースのサクサク感ですが、今回もアイスクリームと絶妙にマッチしていて、おいしかったです。

秋の訪れを味わる、ほっこりスイーツでした。

紫イモの自然な甘さもちゃんと感じられますよ。

 

今回レビューした「紫イモのタルトレット」も、もちろんおいしかったのですが、秋の新作でより好きなのは、「リッチパンプキン」の方でした

 

リッチパンプキンについては、以下でレビューしています。

【ハーゲンダッツ】新作のリッチパンプキンをレビューしました。
ハーゲンダッツから早くも秋を感じる新作が販売されていました。その名も「リッチパンプキン」です。 まだ、8月だというのに、ハーゲンダッツさんは先取りが早いで...

 

【おまけ】紫イモの豆知識

紫イモに関する気になる疑問ですが、「なぜ紫色なのか?」といった疑問です。

これも気になったので調べてみたところ、「アントシアニン」という成分によるためだそうです。「アントシアニン」は、ブルーベリーナスなどにも含まれている青紫色素です。

なるほど、紫イモにも、この「アントシアニン」が含まれているから、紫色をしているんですね。

 

今回も私の疑問にまでお付き合い頂き、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました